豊かさは不便の中にも?「未知なる益」を見出す共同研究コミュニティ発足 | News | PORTAMENT, Inc

2021.02.03

豊かさは不便の中にも?
「未知なる益」を見出す共同研究コミュニティ発足

ポルタメント合同会社(代表:松井浩太郎)は、京都⼤学⼤学院情報学研究科の川上浩司特定教授、東京⼤学⽣産技術研究所の平岡敏洋特任教授が提唱する「不便益」に着⽬し、株式会社スマイルズ(本社所在地:東京都⽬⿊区、代表取締役社⻑:遠⼭正道)の研究機関・スマイルズ⽣活価値拡充研究所、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社⻑執⾏役員:五⼗嵐 博)とともに、「Undiscovered Benefit (不便益を含む未知なる益)」の共同研究コミュニティを発足いたします。

⾃動化やDXの推進、便利さの追求を前提とした商品・サービス開発が進んでいく中で、不便であるからこそ得られる効⽤に着⽬。「不便さ(⼿間や労⼒がかかる、時間がかかる等)」から⽣み出される「益(安⼼感がある、⾃⼰肯定感が得られる等)」が存在し、そこに積極的な価値を⾒出そうとする「不便益」の考え⽅を活かし、便利さの追求だけではなしえなかった企業の商品・サービス開発とブランド体験創出に貢献してまいります。

Contact

contact@portament.co.jp
  • facebook
  • twitter

ポルタメント合同会社

〒150-0013 
東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー10階

©PORTAMENT, Inc. All rights reserved.